トップ画像
外国為替FX比較TOPFX投資スタイル応用編

FX投資スタイル応用編

通貨の特徴と相関を知る

通貨にはその国の産業や経済状況によってそれぞれに特徴があります。


他の国と貿易をし、密接に関わっていれば当然、貿易相手国の通貨に影響を受けるので、通貨ペアの相関係を知る事が必要になってきます。


例えば米ドルに影響を受けやすいのがカナダドルやペッグ制(一定幅で米ドルに連動)を採用している香港ドルです。国の産業に影響を受けやすいのが、オーストラリアドル、南アフリカランドです。


また、通貨の中には政情や経済状況によって値動きが大きく変動する通貨もあるので、高金利であっても注意が必要 です。


例えば、トルコリラやメキシコペソなどがあげられます。それから、高金利でもマイナーな通貨だと扱っている会社が限られることもあるので、良く調べてから選ぶようにしましょう。

通貨の特性

国名 通貨
解説
日本 JPY 低金利通貨の代表。円安はゆっくり、円高は一気に進む。取引量世界第3位
アメリカ USD 業務経済に使われる世界標準の基軸通貨。
市場への影響力大。取引量世界1位
ユーロ圏 EUR 近年発行数で米ドルを抜き、対ドルレートも過去最高。
取引量世界第2位
イギリス GBP 高金利で流動性の高い通貨。上級者向け。取引量世界4位
カナダ CAD アメリカとの強い相関関係にある。原油相場の動きに影響されやすい
オーストラリア AUD 高金利で流動性も高い。資源大国なのでインフレ、原油高に強い
ニュージーランド NZD 高金利通貨。オーストラリアとの相関関係
南アフリカ ZAR 鉱物資源大国として人気。金大国との相関性が高い
トルコ TRY 高金利通貨として人気。政情、経済が不安定なので変動リスクに注意
メキシコ MXN 高金利で変動率(ボラティリティ)も低め。社会情勢、金利変動リスクに注意
ポーランド PLN 高金利だが、一部の会社でしか取引がない。
ユーロの動きに影響受けやすい
香港 HKD 米ドルとのペッグ制(一定幅で米ドルに連動)でレートは比較的安定。人民元にも影響される
スイス CHF 低金利で値動きが小さいため、ポジションを保ちやすい。中長期向き
ノルウェー NOK ユーロと相関関係にある。
石油・天然ガスの資源国なので資源価格に連動する
スウェーデン SEK EU、アメリカの経済状況と連動する
ハンガリー HUF 貿易等で関係の深いユーロ諸国の景気動向や、自国の政治情勢に影響を受ける
アイスランド ISK 高金利で注目されている。流動性が低く。ポジションがとりにくい。上級者向け
中国 CNY 切り上げの影響で、スワップ金利狙いの運用が期待できる
台湾 TWD 流動性が低く、取り扱っている会社も少ない。
米ドルの動きに応じて取引される傾向にある
韓国 KRW 流動性が低く、扱っている会社も少ない。日本円に連動する傾向がある

投資スタイルは複数の使い分けが鍵

生活スタイルや性格に合った投資スタイルを選ぶと、効率よく稼げることはお話ししました。


しかし、いつも一辺倒の投資スタイルではチャンスをみすみす逃してしまいかねません。今度はもう少しステップアップして、複数の投資スタイルを合わせて使う事でさらに勝てるチャンスを作りましょう。


例えば、平日の限られた時間のみを活用しているスキャルピング派や、週1〜2回のスイングトレード派なら、祝祭日(海外では平日)を活用したデイトレードも併せて投資してみてはいかがでしょうか。


また、レンジ相場になったときは、スイングトレード派はデイトレードに切り替えるのも良いでしょう。週単位で見たレンジ相場の中にも一日の動きではトレンドが発生しているので、勝てるチャンスが増えます。


同様にデイトレードでレンジ相場になったらスキャルピングに切り替えてみる事で勝機は増えます。また、レンジ相場のときには、トレンドのある他の通過に切り替えるのも手です。


自分にはこの投資スタイルは不得意で手を出せない、と諦めるのではなく勝てる戦場は他にもあると考えて、柔軟に投資スタイルを変えることも脱初級への近道です。


外国為替FX比較TOPFX投資スタイル応用編

推奨

取材

ランキング

初心者の方で、悩んでいる方は掲示板にどんどん書き込んでください。
掲示板はこちら

基礎知識

外国為替とは?
FX記念日
手数料について
レバレッジとは?
レバレッジの誤解
スワップ金利とは?
政策金利一覧
各国の政策金利
コールについて
証拠金とは?
注文方法
デイトレード/システムトレード
為替相場の1日の動き
1年の為替の動き知る
ボリンジャーバンド
RSIとは
サイコロジカルラインとは
ストキャスティックスとは
チャートの読み方
チャートの種類
円高、円安について
外貨預金、MMFと比較
口座開設

初心者の心得

初心者の必勝法
初心者からの脱却
中級者の心得
投資スタイルの基礎
投資スタイル応用編
プロが教える極意
短期取引-投資テクニック
中長期取引-投資テクニック
初心者は米ドル/日本円から
高金利通貨はハイリスク通貨
ひとつの通貨ペアに絞る
分析法について
兼業投資家のススメ
安全性について
信託保全とはなんだ?
為替レートの変動
欲を出さない

主な市場と通貨の特徴

主な市場と通貨の特徴

ドル
ユーロ
ポンド
スイスフラン
カナダドル
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
南アフリカランド
トルコリラ
シンガポールドル
人民元
スウェーデンクローナ
インドルピー
デンマーククローネ
インドネシアルピー
ノルウェークローネ
タイバーツ
ポーランドズロチ
メキシコペソ
チェココルナ
ハンガリーフォリント

各通貨ペアの投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
加ドル/円
スイスフラン/円
シンガポールドル/円
南アフリカランド/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドルト

くりっく365について

くりっく365とOTC取引の違い
くりっく365の有用性
くりっく365の安全性
くりっく365の税制
くりっく365メリットデメリット

為になる情報

関連ニュース
金融政策ニュースの読み方
ブログニュースを読む
外国為替用語集
よくある質問

コラム

外為のブログを書いてみよう
投資セミナーに参加する
損益計算の方法
海外口座を開設しよう
海外口座
海外口座の強みと注意点
海外口座Vol.1
海外口座Vol.2
税金とは
税金の知識
確定申告のポイント
確定申告のケーススタディー

サイト情報

免責事項
サイトマップ
お問合せ
運営企業
FX投資のプロが教える極意下部