トップ画像
外国為替FX比較TOP > リスク回避の円高はFXの公式なのか?

リスク回避の円高はFXの公式なのか?


リスクが高まると円高になるのは何故?


FX市場でリスクが高まるとYenが高くなるという解説がFX関連のニュースとして流れる事がよくあるのですが、疑問に感じませんか?トレードのリスクを回避するためにYenを買っているというのは良く考えてみると妙な話だとは思いませんか?


日本は公的債務残高が先進国最大で、財政赤字もかなりの規模に上る国の通貨なのだから、Yenを買うという行動は余計にトレードのリスクが高くなりそうなものです。一体どんな理屈がリスク回避のそれを引き起こしているのでしょうか?


本当にリスク回避出来ているのか?


日本の金利は実質ゼロ金利です。しばらくはこの低水準が続くと見られることから、利回り狙いのFX投資家にとってYenには魅力などほとんどありません。利点の一つと言われるスワップ金利の魅力が無いという事ですね。それでもなってしまう背景には、ユーロ圏での債務危機の発生など世界経済に対する不信感が広がっているという事情があるようです。米国経済も力強さを取り戻すほどではないためドルの人気も低下しており、Yenは混乱から身を守る逃避先と見なされて極端に繋がっているとの観測があります。つまり、Yenは消去法で選ばれているという事になります。


近年、日本のFX業界で特に横行していたキャリートレード (低利回りのYenを売って、リスクは大きいが利回りの高いほかの通貨建ての資産を買うFX取引) が世界経済の低迷で解消を強いられている為、との観測もあります。為替の世界でもつい数年前までYenを売って高金利通貨を買うのが流行しましたが、それが逆転して進んでいるというのです。特に日本の個人投資家がスワップ金利を狙ってキャリートレードを一斉に行ったために、その巻き戻しによってFXマーケットが主導するようなカタチで急激に進んだとの分析もあるほどです。


こうしてみると、リスク回避といってもYenがリスクに強いからといった積極的な理由によるものではないようです。今までリスクをとっていたトレーダーがキャリートレードの解消を行ったり、消去法でYenを選んでいるだけだとすれば、気になるのは為替市場の条件が変わってしまった場合に今後の為替での値動きはどうなるかという事です。


これからもリスク回避の円高は続くか?


今後もリスク回避のYen高が続くかどうかは誰にも分かりません。ただ、トレーダーの中でYen買いがリスク回避になるという考え方が常識のように語られ始めたのはそれほど昔の事ではなく、それ以前はFX取引リスクが高まればドル買いになるのが当然という時代が長く続いていました。為替マーケットには短期で大きな利益を取ろうとする投機筋の資金も入ってきます。投機筋は国や経済の将来性ではなく短期的な値動きを重視しているため、「世界経済のリスクが高まればYen高になる」といったマーケットの思惑に乗る事で儲けようとします。確たる理由もなく為替市場が大きな変動を見せるのは、現実よりも思惑でつくられる値動きがあるからなのです。


為替の値動きは、ざっくりと言えば二つの通貨の相対的な強さをあらわすものです。相対的なものですから欧米の経済状況よりも日本やアジアの経済状況に不安材料が出てくれば、Yenはリスク回避先としては選ばれなくなるかもしれません。ただし、別の理由でYenを買う材料が出てくれば、今度はリスク回避のためではなく、投資家がリスクを積極的にとっていく為のYen高が発生するかもしれません。今までとはリスクの考え方がまるっきり変わってしまう可能性もあるのです。「リスク回避のYen高」をFXの公式のように捉えていると、判断を間違えてしまうかも知れませんね。


トレーダーはリスクが高まっているからYen高になりそう、という判断を短絡的にFXトレードに利用するのは危険かもしれません。


円高が先か、リスク回避が先か?


現在のところ、リスク回避の円高はまだ効力を保っているようです。しかし、本当のところは専門家でもよくわかっていません。リスクに対して相場が円高に動いてしまう事を根拠に解説を付けているだけなのであって、市場のメカニズムからではなく、為替市場の値動きに後解釈をつけているだけとも言えます。円高になるからリスク回避と言われるのか、リスクが本当に高まっていてYenが買われているのか、実は誰にも分からないのです。



外国為替FX比較TOP > リスク回避の円高はFXの公式なのか?

フォーランドオンライン
フォーランドオンライン申込み
フォーランドオンライン
当サイトの人気No.1のFX会社です。フォーランドオンラインは≪業界No.1の高額スワップポイント≫に加え、手数料0円+スプレッド2銭!さらに信頼性も抜群に高く、顧客資産の信託保全はもちろん、監査法人による外部チェックを受ける徹底ぶりです。顧客定着率の高さも有名。システム・サーバは恒常的に強化され、各種マニュアルや電話対応などのサポート力は業界トップです。その他にもパソコン・モバイルから利用できるリアルタイム入金や、トリプル情報ベンダー(ロイター・FX Wave・GI24)を採用したりと、とにかくボリュームが多いのに全てが完全無料なのは圧巻。ファンの多さが頷けるサービスです。口座開設の申込はわずか15分程度で完了し、最短翌日から全てのサービスが利用可能。まずはフォーランドオンラインの口座を保有しておくことをおすすめします。
フォーランドオンラインの口座開設

ひまわり証券
ひまわり証券申込み
ひまわり証券マージンFX
業界トップクラスのシェア率を誇るマージンFXです。手数料0円、証拠金率2%(通常口座は5%)の「デイトレ口座」が大人気。親切で心のこもったサービスが評判で、FXを全く知らない方でもサービスが充実しているので安心してお取引いただけます。デイトレード口座は特に人気が高く、手数料無料、証拠金も低く、1日の終わりに自動決済が完了するので忙しい方でも安心してお取引が可能です。取引できる通貨数も30種類と業界最高クラス!!当サイトでも、大人気のひまわり証券マージンFXはすべての方にお勧めできます!!
ひまわり証券の口座開設


推奨

取材

ランキング

初心者の方で、悩んでいる方は掲示板にどんどん書き込んでください。
掲示板はこちら

基礎知識

外国為替とは?
FX記念日
手数料について
レバレッジとは?
レバレッジの誤解
スワップ金利とは?
スワップ一覧
政策金利一覧
各国の政策金利
コールについて
証拠金とは?
注文方法
デイトレード/システムトレード
為替相場の1日の動き
1年の為替の動き知る
ボリンジャーバンド
RSIとは
サイコロジカルラインとは
ストキャスティックスとは
チャートの読み方
チャートの種類
円高、円安について
外貨預金、MMFと比較
口座開設

初心者の心得

初心者の必勝法
初心者からの脱却
中級者の心得
投資スタイルの基礎
投資スタイル応用編
プロが教える極意
短期取引-投資テクニック
中長期取引-投資テクニック
初心者は米ドル/日本円から
高金利通貨はハイリスク通貨
ひとつの通貨ペアに絞る
分析法について
兼業投資家のススメ
安全性について
信託保全とはなんだ?
為替レートの変動
欲を出さない

主な市場と通貨の特徴

主な市場と通貨の特徴

ドル
ユーロ
ポンド
スイスフラン
カナダドル
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
南アフリカランド
トルコリラ
シンガポールドル
人民元
スウェーデンクローナ
インドルピー
デンマーククローネ
インドネシアルピー
ノルウェークローネ
タイバーツ
ポーランドズロチ
メキシコペソ
チェココルナ
ハンガリーフォリント

各通貨ペアの投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
加ドル/円
スイスフラン/円
シンガポールドル/円
南アフリカランド/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドルト

くりっく365について

くりっく365とOTC取引の違い
くりっく365の有用性
くりっく365の安全性
くりっく365の税制
くりっく365メリットデメリット

為になる情報

関連ニュース
金融政策ニュースの読み方
ブログニュースを読む
外国為替用語集
よくある質問

コラム

外為のブログを書いてみよう
投資セミナーに参加する
損益計算の方法
海外口座を開設しよう
海外口座
海外口座の強みと注意点
海外口座Vol.1
海外口座Vol.2
税金とは
税金の知識
確定申告のポイント
確定申告のケーススタディー

サイト情報

免責事項
サイトマップ
お問合せ
運営企業
区切り線