トップ画像
外国為替FX比較TOPシンガポールドル/円 投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント徹底分析

シンガポールドル/円  取引する人はあまり多くない

アジアを代表する国際金融センター

シンガポールドル/円

マレー半島の先にある東京都23区程度の小さな国土しかない都市国家シンガポール。資源に乏しいことから、水やエネルギー資源の安定的な供給確保が国家的な重要課題になっています。


水資源は隣国マレーシアからの輸入に依存。エネルギー資源についても、国民の所得水準の上昇で消費量が増えているため、資源確保の問題が大きくクローズアップされました。これらはシンガポールが慢性的に抱えるリスク要因といえます。


一方、自由貿易を推進する通商国家として、移民、外国資本を積極的に受け入れることで経済を発展させてきたことが強みです。国民の多くが英語を話せることもあり、欧米企業のアジア・パシフィック地域の拠点が置かれることが多く、97年以降は国を挙げて金融セクター改革を進めたため、香港に並ぶアジアの国際金融センターとしての地位を確立しています。


政治的には人民行動党による実質一党支配が続いており、言論は厳しく統制されていますが、内政は非常に安定しています。

シンガポールには政策金利が無い

シンガポールドルは、通貨の変動幅が一定の範囲内(通貨バンド)に収まる通貨バスケット制を採用しています。中央銀行の役割を担うシンガポール通貨庁(MAS)は、政策金利の上下による金融政策ではなく、好況時にインフレ抑制のためにシンガポールドル高、不況時はシンガポールドル高、不況時はシンガポールドル高、不況時はシンガポールドル安になるように為替相場をコントロールすることで金融政策を行います。


そのため、政策金利が設定されないので、MASが定めるインターバンク3か月物レートが金利の目安となっています。尚、長い間政策金利は低水準で推移しており、08年の世界金融危機以降は、1%を下回る低い金利水準で推移しています。

世界金融危機の影響で経済が急悪化

シンガポール

04年以降、シンガポールは高い経済成長を記録。07年には、堅調な国内需要や大幅な経常黒字に支えられ、8.0%との高い経済成長を実現しました。
その結果、08年には1人あたりのGDPで日本を上回り、アジアトップに躍り出ています。


その勢いのまま。08年の年初の段階では6%超の高い経済成長が見込まれていました。しかし、世界的な景気後退により、小国ゆえの対外依存度の高さから経済の状況は急転しました。


世界的な需要減速により輸出減→設備投資→失業率悪化→個人消費の減少という悪循環が起こっているため、09年に入りシンガポール政府は給付金の支給、法人税率の引き下げを柱とする過去最大規模、総額205億シンガポールドル(約1兆2300億円)の景気対策を発表しています。
尚、FXにおいて、低金利のシンガポールドルは、対高金利通貨でシンガポールドルはを売り、スワップポイントで売買するのが一般的です。そのための日本円との組み合わせで、FX取引を行う人は多くありません。

通貨バンド
固定相場において、管理している為替の許容変動幅。景気の状況によって、許容変動幅の中央値の引き上げ引き下げや、変動幅の拡大を行う。
シンガポール通貨庁(MAS)
中央銀行が無いシンガポールで、通貨・金融政策を担当している機関。2002年にシンガポール通貨理事会を吸収した。
インターバンク
金融機関や証券会社だけができる外国為替取引の市場。取引所はなく、電話とネットワークによって構成される。

外国為替FX比較TOPシンガポールドル/円 投資ポイント

推奨

取材

ランキング

初心者の方で、悩んでいる方は掲示板にどんどん書き込んでください。
掲示板はこちら

基礎知識

外国為替とは?
FX記念日
手数料について
レバレッジとは?
レバレッジの誤解
スワップ金利とは?
政策金利一覧
各国の政策金利
コールについて
証拠金とは?
注文方法
デイトレード/システムトレード
為替相場の1日の動き
1年の為替の動き知る
ボリンジャーバンド
RSIとは
サイコロジカルラインとは
ストキャスティックスとは
チャートの読み方
チャートの種類
円高、円安について
外貨預金、MMFと比較
口座開設

初心者の心得

初心者の必勝法
初心者からの脱却
中級者の心得
投資スタイルの基礎
投資スタイル応用編
プロが教える極意
短期取引-投資テクニック
中長期取引-投資テクニック
初心者は米ドル/日本円から
高金利通貨はハイリスク通貨
ひとつの通貨ペアに絞る
分析法について
兼業投資家のススメ
安全性について
信託保全とはなんだ?
為替レートの変動
欲を出さない

主な市場と通貨の特徴

主な市場と通貨の特徴

ドル
ユーロ
ポンド
スイスフラン
カナダドル
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
南アフリカランド
トルコリラ
シンガポールドル
人民元
スウェーデンクローナ
インドルピー
デンマーククローネ
インドネシアルピー
ノルウェークローネ
タイバーツ
ポーランドズロチ
メキシコペソ
チェココルナ
ハンガリーフォリント

各通貨ペアの投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
加ドル/円
スイスフラン/円
シンガポールドル/円
南アフリカランド/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドルト

くりっく365について

くりっく365とOTC取引の違い
くりっく365の有用性
くりっく365の安全性
くりっく365の税制
くりっく365メリットデメリット

為になる情報

関連ニュース
金融政策ニュースの読み方
ブログニュースを読む
外国為替用語集
よくある質問

コラム

外為のブログを書いてみよう
投資セミナーに参加する
損益計算の方法
海外口座を開設しよう
海外口座
海外口座の強みと注意点
海外口座Vol.1
海外口座Vol.2
税金とは
税金の知識
確定申告のポイント
確定申告のケーススタディー

サイト情報

免責事項
サイトマップ
お問合せ
運営企業
FX投資のプロが教える極意下部