トップ画像
外国為替FX比較TOP > FXで大損しないうちに負け方を身につけよう

FXで大損しないうちに負け方を身につけよう


負けない為に、負け方を決める

負け方を考えたことがありますか?FXで大損する人ほど、負けた時の事を考えていません。負ける事を考えると勝てなくなると考える人が居るようですが、マーケットの動きは誰にも予測不可能ですから、努力すれば必ず勝てるという世界ではないのです。上手な負け方を考えておかないと、
1)負けている事に気付かない
2)小さな負けを認めずにいる間に負けが大きくなっていく
3)回復不能な損失、つまり大損を出してしまう。


このようにして、回復不能な大損でFX取引が出来なくなってしまう人が多いのです。しかもこのような大損の経験は心理的にも悪い影響を与えますから、負け癖をつけるもとになってしまいます。大損は回避しなくてはなりません。


FXで負けること、大損することは珍しくないのですから、負けることに備えておく必要があります。


資金とは戦力だ

資金とは戦力です。戦争に例えるなら、大損するということは一気に全ての戦力を失うという事と同じです。戦上手な武将や軍師といった人々は、不利にな局面での撤退が早く、戦力の温存が上手だったそうです。損害が小さいうちに一時撤退しておけば、温存しておいた戦力で巻き返しが可能になります。


同じことがFXにも言えます。FXに限らず、相場で連戦連勝はありえません。資金こそが儲けを生み出す戦力なのですから、それを大損して減らしてしまえば増やすチャンスなど無くなってしまいます。

戦上手は撤退上手


負けて良い限度とは?1


では、一度で負けても良い限度とはどのぐらいでしょうか?大損とはどれ位のことなのでしょうか?


連敗してしまう事もあります。最大でも元の資金の1割を越えた大損を喫してしまうと、巻き返しは難しくなると考えてください。大損で完全撤退する事態を避けるためには、3連敗程度でも損失は全資金の10%程度に抑えたいところです。そうなると、1回のトレードでの損失は3%程度に抑えて、大損を回避しなくてはなりません。


大損とはどのレベルのことか?また、心理的な側面から損失の額で考える事も重要です。たとえ同じ10%でも、10万円に対する10%と1千万円に対する10%では金額が大きく違うので、心理的なプレッシャーの大きさが違います。10%以内だったとしても、心理的に辛い金額に損失が拡大するようであれば、一時撤退を考えるべきです。大損とは割合でもあります。大きな精神的苦痛を抱えながらトレードを続けていると恐怖心から冷静な判断力を失って、思いも寄らない大損をしてしまう事があるからです。心理的な要因からミスを犯して大損をすると、立ち直るのが難しく、さらにミスを誘発してFXトレードで生き残れなくなってしまいます。大損を回避しなくてはなりません。

負けて良い限度とは?2


資金管理の重要性

レバレッジにもよりますが、相場変動に耐えられるだけの十分な余剰資金を入れておかなければ、すぐに強制決済となってしまい、証拠金を失って、トレードを継続できなくなります。大損の可能性が高くなります。


10万円の証拠金を入れてレバレッジが3倍程度として、10%の相場変動があったとすると、


10万円×3倍×10%=3万円


これでは損失が出た場合には、あっという間に3割の資金を失う大損となります。その後はそれまでの7割の戦力で戦う事になりますから、勝つことが非常に難しくなります。


暴落があれば、1週間程度で20%の下落も珍しいことではありませんから、負けに無頓着では大損して市場から撤退を余儀なくされるでしょう。


最も効果的で簡単にな、「大損を避ける負け方の鉄則」は、資金の10%以内、もしくは心理的に立ち直れなくなる金額以内に損失を抑え、それを越える損失が発生した場合は、躊躇せずに撤退することです。大損してはほぼ巻き返しは無理なのです。


巻き返しが可能なだけの資金を確保している限りチャンスはあるのですから、小さな負けは認めて資金を守りましょう。


負けるのを受け入れるのは非常に難しいものです。ですから、実際に負ける事の出来るチャンスがあったら負けてみましょう。ポジションサイズを小さめにした上で、しっかりとした根拠のある位置に損切りの注文を設定しておきます。本格的なダメージにならない程度の損失にしかならないにも関わらず、その少額の損失が決定するのを目の当たりにして、損切りをそのまま実行する事は大きな痛みを伴う体験となることでしょう。


しかし、その体験をした後で、気持ちを切り替えてマーケットに向きあえば、損失を限定した事によって新たなチャンスを掴みに行けるという事をも実感できます。


小さな損失を受け入れる練習もしておきましょう。それが大損しないコツです。



外国為替FX比較TOP > FXで大損しないうちに負け方を身につけよう

フォーランドオンライン
フォーランドオンライン申込み
フォーランドオンライン
当サイトの人気No.1のFX会社です。フォーランドオンラインは≪業界No.1の高額スワップポイント≫に加え、手数料0円+スプレッド2銭!さらに信頼性も抜群に高く、顧客資産の信託保全はもちろん、監査法人による外部チェックを受ける徹底ぶりです。顧客定着率の高さも有名。システム・サーバは恒常的に強化され、各種マニュアルや電話対応などのサポート力は業界トップです。その他にもパソコン・モバイルから利用できるリアルタイム入金や、トリプル情報ベンダー(ロイター・FX Wave・GI24)を採用したりと、とにかくボリュームが多いのに全てが完全無料なのは圧巻。ファンの多さが頷けるサービスです。口座開設の申込はわずか15分程度で完了し、最短翌日から全てのサービスが利用可能。まずはフォーランドオンラインの口座を保有しておくことをおすすめします。
フォーランドオンラインの口座開設

ひまわり証券
ひまわり証券申込み
ひまわり証券マージンFX
業界トップクラスのシェア率を誇るマージンFXです。手数料0円、証拠金率2%(通常口座は5%)の「デイトレ口座」が大人気。親切で心のこもったサービスが評判で、FXを全く知らない方でもサービスが充実しているので安心してお取引いただけます。デイトレード口座は特に人気が高く、手数料無料、証拠金も低く、1日の終わりに自動決済が完了するので忙しい方でも安心してお取引が可能です。取引できる通貨数も30種類と業界最高クラス!!当サイトでも、大人気のひまわり証券マージンFXはすべての方にお勧めできます!!
ひまわり証券の口座開設


推奨

取材

ランキング

初心者の方で、悩んでいる方は掲示板にどんどん書き込んでください。
掲示板はこちら

基礎知識

外国為替とは?
FX記念日
手数料について
レバレッジとは?
レバレッジの誤解
スワップ金利とは?
スワップ一覧
政策金利一覧
各国の政策金利
コールについて
証拠金とは?
注文方法
デイトレード/システムトレード
為替相場の1日の動き
1年の為替の動き知る
ボリンジャーバンド
RSIとは
サイコロジカルラインとは
ストキャスティックスとは
チャートの読み方
チャートの種類
円高、円安について
外貨預金、MMFと比較
口座開設

初心者の心得

初心者の必勝法
初心者からの脱却
中級者の心得
投資スタイルの基礎
投資スタイル応用編
プロが教える極意
短期取引-投資テクニック
中長期取引-投資テクニック
初心者は米ドル/日本円から
高金利通貨はハイリスク通貨
ひとつの通貨ペアに絞る
分析法について
兼業投資家のススメ
安全性について
信託保全とはなんだ?
為替レートの変動
欲を出さない

主な市場と通貨の特徴

主な市場と通貨の特徴

ドル
ユーロ
ポンド
スイスフラン
カナダドル
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
南アフリカランド
トルコリラ
シンガポールドル
人民元
スウェーデンクローナ
インドルピー
デンマーククローネ
インドネシアルピー
ノルウェークローネ
タイバーツ
ポーランドズロチ
メキシコペソ
チェココルナ
ハンガリーフォリント

各通貨ペアの投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
加ドル/円
スイスフラン/円
シンガポールドル/円
南アフリカランド/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドルト

くりっく365について

くりっく365とOTC取引の違い
くりっく365の有用性
くりっく365の安全性
くりっく365の税制
くりっく365メリットデメリット

為になる情報

関連ニュース
金融政策ニュースの読み方
ブログニュースを読む
外国為替用語集
よくある質問

コラム

外為のブログを書いてみよう
投資セミナーに参加する
損益計算の方法
海外口座を開設しよう
海外口座
海外口座の強みと注意点
海外口座Vol.1
海外口座Vol.2
税金とは
税金の知識
確定申告のポイント
確定申告のケーススタディー

サイト情報

免責事項
サイトマップ
お問合せ
運営企業
区切り線