外国為替FX比較TOP > 口座開設の方法

FXプライムとは

口座開設の流れ

>安心と信頼の伊藤忠商事グループのFXプライム。
FXプライムホームページ

ここではFX業界で人気のFXプライムさんを用いて実際に口座開設までの流れを説明します。

FXプライムに口座開設!

ホームページからの口座開設の手順です。下記をご覧下さい。

(1)口座開設ボタンをクリック
口座開設ボタンをクリック

「簡単・スピード申し込み」口座開設(無料)はこちらをクリックして下さい。

(2)オンライン口座開設のステップフロー画面
オンライン口座開設のステップフロー

口座開設お申し込みフォーム、口座開設のお申し込みがオンラインで行えます。

(3)各取引約款を確認し、同意をします。
各取引約款を確認

『取引ガイド』、『取引要綱』、『外国為替取引約款』、『電子取引約款』を必ずお読みの上、ご了解した上で、口座開設をお申込みください。

(4)リスク確認書にチェックを入れます。
リスク確認書にチェック

口座開設にあたってのお客様の適合性を審査させていただくためのものです。

(5)申込フォームの記入
申込フォームの記入

個人情報、指定金融機関などの入力をします。

(6)登録情報確認
登録情報確認

入力をした内容を再度チェックして下さい。お客様の大切な情報です。漏れやミスの無いように念入りにご確認下さい。


これだけで完了! 5分位で出来ますね。是非FXプライムさんで口座開設をしてみてください

このページの先頭に戻る


外国為替FX比較TOP > 口座開設の方法

ひまわり証券
ひまわり証券申込み
ひまわり証券マージンFX
業界トップクラスのシェア率を誇るマージンFXです。手数料0円、証拠金率2%(通常口座は5%)の「デイトレ口座」が大人気。親切で心のこもったサービスが評判で、FXを全く知らない方でもサービスが充実しているので安心してお取引いただけます。デイトレード口座は特に人気が高く、手数料無料、証拠金も低く、1日の終わりに自動決済が完了するので忙しい方でも安心してお取引が可能です。取引できる通貨数も30種類と業界最高クラス!!当サイトでも、1番人気のひまわり証券マージンFXはすべての方にお勧めできます!!
ひまわり証券の口座開設



推奨

取材

ランキング

初心者の方で、悩んでいる方は掲示板にどんどん書き込んでください。
掲示板はこちら

基礎知識

外国為替とは?
FX記念日
手数料について
レバレッジとは?
レバレッジの誤解
スワップ金利とは?
政策金利一覧
各国の政策金利
コールについて
証拠金とは?
注文方法
デイトレード/システムトレード
為替相場の1日の動き
1年の為替の動き知る
ボリンジャーバンド
RSIとは
サイコロジカルラインとは
ストキャスティックスとは
チャートの読み方
チャートの種類
円高、円安について
外貨預金、MMFと比較
口座開設

初心者の心得

初心者の必勝法
初心者からの脱却
中級者の心得
投資スタイルの基礎
投資スタイル応用編
プロが教える極意
短期取引-投資テクニック
中長期取引-投資テクニック
初心者は米ドル/日本円から
高金利通貨はハイリスク通貨
ひとつの通貨ペアに絞る
分析法について
兼業投資家のススメ
安全性について
信託保全とはなんだ?
為替レートの変動
欲を出さない

主な市場と通貨の特徴

主な市場と通貨の特徴

ドル
ユーロ
ポンド
スイスフラン
カナダドル
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
南アフリカランド
トルコリラ
シンガポールドル
人民元
スウェーデンクローナ
インドルピー
デンマーククローネ
インドネシアルピー
ノルウェークローネ
タイバーツ
ポーランドズロチ
メキシコペソ
チェココルナ
ハンガリーフォリント

各通貨ペアの投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
加ドル/円
スイスフラン/円
シンガポールドル/円
南アフリカランド/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドルト

くりっく365について

くりっく365とOTC取引の違い
くりっく365の有用性
くりっく365の安全性
くりっく365の税制
くりっく365メリットデメリット

為になる情報

関連ニュース
金融政策ニュースの読み方
ブログニュースを読む
外国為替用語集
よくある質問

コラム

外為のブログを書いてみよう
投資セミナーに参加する
損益計算の方法
海外口座を開設しよう
海外口座
海外口座の強みと注意点
海外口座Vol.1
海外口座Vol.2
税金とは
税金の知識
確定申告のポイント
確定申告のケーススタディー

サイト情報

免責事項
サイトマップ
お問合せ
運営企業
区切り線