外国為替FX比較TOP > インドルピー
インドルピー

インドルピーについて
通貨の英語表記
Rupee
通貨の略語
Rs
通貨の愛称
ルピー
補助通貨
パイサ
紙幣の種類
8種類
硬貨の種類
6種類
紙幣の一覧
1、2、5、10、20、50、100、500ルピー
硬貨の一覧
-
政策金利

インドルピーが通貨であるインドについて
国名
インド
国名英語表記
India
面積
3,287,263平方キロメートル
人口
1,037,000千人(2001年10月1日時点)
首都
デリー
人種
黄色人種
言語
ヒンディー語、英語、ウルドゥー語、ベンガル語
宗教
ヒンドゥ教(82.7%)、イスラム教(11.2%)、キリスト教(2.6%)など
主要産業
農業、工業、鉱業、IT産業
政治に関して
インドは共和制です。議会は州の代表である上院と国民代表の下院の二院制を採用しています。国家元首は大統領になりますが、内閣の助言に従い国務を行うだけで実権はありません。行政府の長は首相になり、議院内閣制を実施しています。シビリアン・コントロールがアジアでも秀でているといわれるように、インドの軍事制度は安定しています。しかし、カシミール地方のインドとパキスタン・中国との間での領土問題であるカシミール問題を抱えています。現在は停戦状態ですが、特にパキスタンとは激しい戦闘が繰り返されています。

インドルピーが通貨であるインドの経済について
経済に関して
インドは、現在の目覚しい経済成長から、世界でも特に経済成長が期待できる国として、中国、ブラジル、ロシアとともに、BRICsと呼ばれています。経済の過熱によって実際の成長率が潜在成長率を上回っているという報道や、インフレ圧力が懸念材料としてありますが、「インド経済が今世紀半ばに米国を追い抜き、中国に次ぐ世界2位の経済大国に成長する」とのレポートをゴールドマン・サックスが出すなど、見通しは明るいと思われます。産業構造は、農業、サービス業の比率が高く、今後はサービス業が伸びて農業が減っていくと予想されます。経済自由化後に貿易額も拡大しています。
GDP
6,294億3,392万ドル [2006年]
国民一人当たりのGDP
796.8ドル [2006年]
経済成長率
9.2% [2006年]
失業率
-
物価上昇率
6.9% [2006年] 
祝日一覧
1月26日 共和国記念日
8月15日 独立記念日
10月2日 ガンディー生誕日
12月25日 クリスマス

インドルピーの変更要因について
為替の変動要因1
政治情勢
為替の変動要因2
経済指標
為替の変動要因3
金融政策
為替の変動要因4
株価
為替の変動要因5
FRB役員の発言
為替の変動要因6
-
為替の変動要因7
-
為替の変動要因8
-
為替の変動要因9
-
為替の変動要因10
-
貿易額(輸出)
611億5,085万ドル [2006年] 

インドルピーが通貨であるインドの貿易について
貿易額(輸入)
873億8,177万ドル [2006年]
輸出相手国1位
米国(2005年)
輸出相手国1位の率
16.7
輸出相手国2位
アラブ首長国連邦
輸出相手国2位の率
8.4
輸出相手国3位
中国
輸出相手国3位の率
6.4
輸入相手国1位
中国
輸入相手国1位の率
7.5
輸入相手国2位
米国
輸入相手国2位の率
5.5
輸入相手国3位
スイス
輸入相手国3位の率
4.4
通貨の近年の推移
インドルピーは、インド中央銀行が随時為替介入を行っているので、BRICs諸国の中でも為替相場は安定しています。インドルピーは米ドルと連動する形のベッグ制を行なっています。完全な変動相場制ではありませんので、対ドル相場にしても対円相場にしても一定の枠内で動き、ドル相場と円相場に関しては同じような値動きをしています。

その他の主な通貨の特徴
ドル , ユーロ , ポンド , スイスフラン , カナダドル , オーストラリアドル , ニュージーランドドル , 香港ドル , 台湾ドル , 韓国ウォン , 南アフリカランド , トルコリラ , シンガポールドル , 人民元 , スウェーデンクローナ , インドルピー , デンマーククローネ , インドネシアルピー , ノルウェークローネ , タイバーツ , ポーランドズロチ , メキシコペソ , チェココルナ , ハンガリーフォリント ,

通貨ペアの条件で比較はこちら
ドル/円 , ユーロ/円 , ポンド/円 , オーストラリアドル/円 , 人民元/円 , スイスフラン/円 , カナダドル/円 , ニュージーランドドル/円 , 南アフリカランド/円 , トルコリラ/円 , 香港ドル/円 , 韓国ウォン/円 , タイバーツ/円 , 台湾ドル/円 , ユーロ/ドル , ポンド/ドル , オーストラリアドル/ドル , ニュージーランドドル/ドル , ユーロ/ポンド , ユーロ/オーストラリアドル , ポンド/オーストラリアドル , ユーロ/ニュージーランドドル , ポンド/ニュージーランドドル , オーストラリアドル/ニュージーランドドル , ドル/スイスフラン , ユーロ/スイスフラン , ポンド/スイスフラン , ドル/カナダドル , ユーロ/カナダドル , オーストラリアドル/カナダドル , ニュージーランドドル/カナダドル

ひまわり証券
ひまわり証券申込み
ひまわり証券マージンFX
業界トップクラスのシェア率を誇るマージンFXです。手数料0円、証拠金率2%(通常口座は5%)の「デイトレ口座」が大人気。親切で心のこもったサービスが評判で、FXを全く知らない方でもサービスが充実しているので安心してお取引いただけます。デイトレード口座は特に人気が高く、手数料無料、証拠金も低く、1日の終わりに自動決済が完了するので忙しい方でも安心してお取引が可能です。取引できる通貨数も30種類と業界最高クラス!!当サイトでも、1番人気のひまわり証券マージンFXはすべての方にお勧めできます!!
ひまわり証券の口座開設

「注意事項」
これ等の情報は皆様に比較がし易いように、2007年8月15日の米ドル/円の値を基本情報として提供させていただいております。 (手数料およびスプレッドは米ドル/円+デイトレ+最低通貨単位の場合、初回入金および証拠金は、米ドル/円の場合の最低金額の場合等) 特にスプレッド、レバレッジ、スワップ、手数料等の値は、取り扱うペアや時期により変動することが多く、実際の値と異なる可能性もございますので、取引を行う際には必ずバナーをクリックして公式サイトでご確認いただくか、資料請求を各社に行っていただきますようにお願いします。 また当ウエブサイトは、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。予めご了承下さい。

外国為替FX比較TOP > インドルピー

推奨

取材

ランキング

初心者の方で、悩んでいる方は掲示板にどんどん書き込んでください。
掲示板はこちら

基礎知識

外国為替とは?
FX記念日
手数料について
レバレッジとは?
レバレッジの誤解
スワップ金利とは?
政策金利一覧
各国の政策金利
コールについて
証拠金とは?
注文方法
デイトレード/システムトレード
為替相場の1日の動き
1年の為替の動き知る
ボリンジャーバンド
RSIとは
サイコロジカルラインとは
ストキャスティックスとは
チャートの読み方
チャートの種類
円高、円安について
外貨預金、MMFと比較
口座開設

初心者の心得

初心者の必勝法
初心者からの脱却
中級者の心得
投資スタイルの基礎
投資スタイル応用編
プロが教える極意
短期取引-投資テクニック
中長期取引-投資テクニック
初心者は米ドル/日本円から
高金利通貨はハイリスク通貨
ひとつの通貨ペアに絞る
分析法について
兼業投資家のススメ
安全性について
信託保全とはなんだ?
為替レートの変動
欲を出さない

主な市場と通貨の特徴

主な市場と通貨の特徴

ドル
ユーロ
ポンド
スイスフラン
カナダドル
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
南アフリカランド
トルコリラ
シンガポールドル
人民元
スウェーデンクローナ
インドルピー
デンマーククローネ
インドネシアルピー
ノルウェークローネ
タイバーツ
ポーランドズロチ
メキシコペソ
チェココルナ
ハンガリーフォリント

各通貨ペアの投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
加ドル/円
スイスフラン/円
シンガポールドル/円
南アフリカランド/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドルト

くりっく365について

くりっく365とOTC取引の違い
くりっく365の有用性
くりっく365の安全性
くりっく365の税制
くりっく365メリットデメリット

為になる情報

関連ニュース
金融政策ニュースの読み方
ブログニュースを読む
外国為替用語集
よくある質問

コラム

外為のブログを書いてみよう
投資セミナーに参加する
損益計算の方法
海外口座を開設しよう
海外口座
海外口座の強みと注意点
海外口座Vol.1
海外口座Vol.2
税金とは
税金の知識
確定申告のポイント
確定申告のケーススタディー

サイト情報

免責事項
サイトマップ
お問合せ
運営企業
区切り線