トップ画像
外国為替FX比較TOP > くりっく365の有利性

くりっく365の有利性

スワップポイント

外国為替証拠金取引の大きな特徴のひとつスワップポイント

通貨を上手に運用すれば、スワップポイントは大きな収益源になります。取引開始にあたり、スワップポイントの定義と仕組みを理解しておきましょう。


2通貨間の金利差を受け取れるのがスワップポイント


スワップポイントとは、取引する通貨の売買によって生じる2通貨間の金利差調整分のことです。


外国為替証拠金取引の場合は、新規注文を出し、入手したポジションをロールオーバー(未決済のまま持ち越すこと)したときにスワップ・ポイントは発生し、調整された金利の差額を受け取る、または支払う仕組みになっています。


スワップポイントの清算は1日に1度行われ、受け払いはその都度預託証拠金に振り替えられます。つまり、持ち越した日数だけ累積されることになるのです。


■スワップポイントの受払い
次は実際に、スワップポイントが発生する例をみていきましょう。
例:外国為替証拠金取引 本日のスワップポイント


通貨ペア 通貨単位 買い 売り
米ドル/日本円 10,000 +160 -164

上記は、あるFX取引会社の1日あたりのスワップポイントです。 このタイミングで10,000単位のドルを買って日本円を売ると、1日あたり160円のスワップポイントを受け取ることができます。。


スワップポイントが変わらないと仮定して計算した場合を見てみると…
↓↓


1ヵ月後には →  +160円×30日=+4,800円の利益


1年後には →  +160円×365日=+58,400円の利益


つまり、高金利の通貨を買い決済を持ち越せば、その金利差を受け取り続けることができるのです。


逆に、このタイミングで米ドルを売り日本円を買った場合は、1日に-164円のスワップポイントを支払うことになります。
↓↓

1ヵ月後には →  -164円×30日=-4920円の損失


1年後には →  -164円×365日=-59860円の損失


決済するまで日本円と米ドルの金利差を支払い続けなくてはなりませんので、注意が必要です。



■スワップポイントの注意点
スワップポイントはFX取引会社によって異なります。 また、日々変動しますので、2通貨間の相場動向を見ながら持ち越し、または決済するのが運用のポイントになります。

スワップポイントがなぜ有利なのか

くりっく365のスワップポイントは一本値というのが特徴です。ここに、スワップポイントを常に高く出来る理由があります。具体的には、こういう事です。


スワップポイントは、「買い」の時は受け取れて、「売り」の時は支払わねばなりません(日本の金利が低い内はこうなります)。くりっく365は、その金額が「買い」も「売り」も同じなんです。


だから、くりっく365のスワップポイントは一つの値しか出ていません。 でも、それ以外の会社は違っていますね。スワップポイントの「売り」と「買い」の間に必ず差があります。


この差は、そのFX会社の利益の一部になっています。 これは言い換えるとこういう事になります。


くりっく365は、買いポジションの時に受け取るスワップポイントと売りポジションの時に支払うスワップポイントがいつでも同じ。


他のFX会社は、買った時は少なめのスワップポイントを受け取り、売った時は多めのスワップポイントを支払う。


短期で比べると、他のFX会社などは、「買い」でかなり高いスワップポイントを提示してきたりします。 でも、長い期間で見ると、どうしても少な目にならざるを得ないようです。


くりっく365のスワップポイントは、「売り」と「買い」の差が全くなく、ここで利益を得ようとはしていないので普通のFX会社より有利にならざるを得ません。


普通のFX会社ではスワップポイントが投資家の 受取額<支払い額となっていて取扱業者がスワップポイントから収益を得ている場合が多くありますが、くりっく365ではスワップポイントが売り・買いの区別なく同額となっており、くりっく365も取扱業者もスワップポイントから収益を得ていません。


くりっく365と店頭取引のスワップポイント比較表


くりっく365 店頭取引
受取額 支払額 受取額 支払額
100円 100円 95円 100円

外国為替FX比較TOP > くりっく365の有利性

推奨

取材

ランキング

初心者の方で、悩んでいる方は掲示板にどんどん書き込んでください。
掲示板はこちら

基礎知識

外国為替とは?
FX記念日
手数料について
レバレッジとは?
レバレッジの誤解
スワップ金利とは?
政策金利一覧
各国の政策金利
コールについて
証拠金とは?
注文方法
デイトレード/システムトレード
為替相場の1日の動き
1年の為替の動き知る
ボリンジャーバンド
RSIとは
サイコロジカルラインとは
ストキャスティックスとは
チャートの読み方
チャートの種類
円高、円安について
外貨預金、MMFと比較
口座開設

初心者の心得

初心者の必勝法
初心者からの脱却
中級者の心得
投資スタイルの基礎
投資スタイル応用編
プロが教える極意
短期取引-投資テクニック
中長期取引-投資テクニック
初心者は米ドル/日本円から
高金利通貨はハイリスク通貨
ひとつの通貨ペアに絞る
分析法について
兼業投資家のススメ
安全性について
信託保全とはなんだ?
為替レートの変動
欲を出さない

主な市場と通貨の特徴

主な市場と通貨の特徴

ドル
ユーロ
ポンド
スイスフラン
カナダドル
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
南アフリカランド
トルコリラ
シンガポールドル
人民元
スウェーデンクローナ
インドルピー
デンマーククローネ
インドネシアルピー
ノルウェークローネ
タイバーツ
ポーランドズロチ
メキシコペソ
チェココルナ
ハンガリーフォリント

各通貨ペアの投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
加ドル/円
スイスフラン/円
シンガポールドル/円
南アフリカランド/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドルト

くりっく365について

くりっく365とOTC取引の違い
くりっく365の有用性
くりっく365の安全性
くりっく365の税制
くりっく365メリットデメリット

為になる情報

関連ニュース
金融政策ニュースの読み方
ブログニュースを読む
外国為替用語集
よくある質問

コラム

外為のブログを書いてみよう
投資セミナーに参加する
損益計算の方法
海外口座を開設しよう
海外口座
海外口座の強みと注意点
海外口座Vol.1
海外口座Vol.2
税金とは
税金の知識
確定申告のポイント
確定申告のケーススタディー

サイト情報

免責事項
サイトマップ
お問合せ
運営企業
区切り線