トップ画像
外国為替FX比較TOP > くりっく365のメリット・デメリット

くりっく365のメリット・デメリット

メリットについて

東京金融先物取引へ預託されているので資金が安全

くりっく365のメリットの一つでもある取引の場は、東京金融先物取引が運営する公設市場で取引されます。 証拠金は取引所に預託され、保護されます。


つまり、取引業者が預かった資金は、建玉の有無に関わらず、金額、取引所に直接預託し、分別保管されるのです。


これまでの取引(OTC)では、取引をする為には、取引業者の選定が必要です。 これに頭を悩まされた方も多かったのでは、くりっく365ではこのような事は一切ありません。


なぜなら、 取引の相手方となるのは、すべて取引所だからです。 ということは、取引をする上で、調べないといけなかった取引業者の信用リスクを考慮する必要がないですね。 これは、時間の短縮にもなるし、なにより安心です!!


しかも、売買価格においてOTCとくりっく365を比較してみると、OTCでは、取引会社が設定する売買価格で取引されてました。 つまり、売買価格の設定方法を公表しない取引会社の場合、不透明な売買価格が提示されるケースもあったのです。


しかし、くりっく365では、複数の有力金融機関(マーケットメーカー)が価格を提示する為、売買価格のうち、最も有利な価格で取引できます。売買価格や取引状況も開示されるため透明性が高いという訳です。


そして万一、業者が破綻した場合でも、取引所に預託された証拠金は原則として全額返却されます。 取引所に預託された取引証拠金は、取引所の財産と分別管理されています。

分別管理


投資家の皆様の取引証拠金を業者自身の資金や取引所の資金とは区別して管理することです。


また、業者が破綻したときの手続きについては、取引所規則に従うことが金融商品取引法で定められており、これを受けて建玉及び取引証拠金を他の業者に移管するなどの手続きを規則で定めております。


これにより、くりっく365取扱業者が破綻するようなことがあった場合でも、最終的に投資家の資産の保全が図られる仕組みとなっております。

スワップポイントは一本値で提示します。

売り・買いの区別なく1つのスワップポイントを取引所が決定するため、投資家の皆様が本来支払う必要のないコストの負担を求められることはありません。

スワップポイント


取引する通貨の売買によって生じる2通貨間の金利差調整分のことです。


外国為替証拠金取引の場合は、新規注文を出し、入手したポジションをロールオーバー(未決済のまま持ち越すこと)したときにスワップ・ポイントは発生し、調整された金利の差額を受け取る、または支払う仕組みになっています。


スワップポイントの清算は1日に1度行われ、受け払いはその都度預託証拠金に振り替えられます。つまり、持ち越した日数だけ累積されることになるのです。

税制面で優遇されています。

取引所取引についてのみ「分離課税」、「損失の3年間繰越控除」、「証券先物・商品先物との損益通算」のメリットがあります。


くりっく365の税金は、申告分離課税一律20%!利益は他の所得と合算で総合課税(税率は所得により異なり、最高税率は50%)されてしまう店頭取引のFXと比較すると一律20%は魅力的です。


せっかく利益を出したのに、ほとんど税金でとられてしまう。そんなくやしさを軽減してくれます。 うれしい限りです。

優良な取扱業者しか参加しておりません。

取引所市場に直接参加する取扱業者(取引参加者)は、金融先物取 引法と取引所規制に基づく厳しい資格要件をクリアしていますので参加業者の高い信頼性が顕著な特徴です。


優良な取扱業者の判断としては、取扱業者の財務力の高さですね。


くりっく365では、金融商品取引法の業者登録基準に加え、金融取の為替証拠金取引資格及び為替証拠金清算資格に係る要件(純資産額30億円以上等)に適合した者のみが参加できます。


外国為替証拠金取引(FX)は小額の証拠金で多額の取引を行うことができる、レバレッジ効果のある取引です。


相場などの変動により多額の利益を得ることができる反面、多額の損失を被ることもあります。 まだリスク回避に対して感覚のつかめていない初心者は証拠金に余裕をもって取引を行いましょう。


くりっく365は、公正で安心して取引ができるのが最大の魅力なのです。


しかも、特に注意していただきたいのが、現在つぶれていっているFX業者が顧客の資産を持ち逃げして被害を被っている方が急増してます。一番最初にも挙げたように、くりっく365は、公設市場で取引されます。証拠金は取引所に預託され、保護されます。安心して、取引を進めてください。

デメリットについて

税制的に100%の有利ではない

くりっく365の税率が一律20%という事は、これまでの説明で分かっていただけてるかと思いますが、これって本当にいいことなのでしょうか。


「くりっく365は、税金が有利!」


と言う宣伝文句が当たり前になっていて、みんなこれは良い。税金は、少しでも少なく抑えておきたい。折角、収益を上げたお金を税金でひかれたくない。


果たして、税率が一律20%は、すべての人にとって得なことなのかと言うと、決してそうではないのです。


もちろん、有利なケースの方が多いのですが、そうでないケースもあるんです。


くりっく365とFXのどちらが良いかはその年収によっても左右されるんです!


■課税所得330万円超の方はくりっく365が絶対有利!
くりっく365ならどれだけ儲けても分離課税の20%で済みます。通常のFXでは、収益を上げれば上げるほど税金がかかります。


■課税所得が200万円〜330万円までの方は、くりっく365でも、通常のFXでも同じ税率20%。


■課税所得が200万円以下の方は、くりっく365は不利です。
税率20%のくりっく365に対し、通常のFXでは、15%になるのです。

手数料がFXと比べ高い

くりっく365の手数料は、最安値のスター為替やユニマット山丸証券などで片道210円となっています。 非くりっく系のFX会社では、MJなどを始めとして手数料無料が主流になってきています。これだけ見ると「くりっく365の手数料は高い」と感じてしまいます。


スワップ金利は常に最高水準なのでスワップ派にとってはあまり気にしなくて良いのですが、トレード派にはちょっと痛いところだと思います。


くりっく365 手数料高い理由


くりっく365の手数料が高い理由は二つあります。

* 東京金融先物取引所に1回の注文毎に手数料を払っている。


* スワップ金利も売買同値であり、手数料以外でくりっく365業者が儲ける手段が非くりっく系のように無い。


くりっく365は、手数料以外の顧客の利便性を向上させている分、くりっく365業者は手数料でしか収益があげられない構造になっています。


最近は本当に手数料無料業者が増えました。


くりっく365は、仕組み上手数料無料は出来ないようです。東京金融先物取引所に場所代を払っているので駄目なんです。


でも、東京金融先物取引所が管理していてくれるお陰で助かる部分も多いんです。

* くりっく365業者倒産時でもポジション清算無しで他の業者に移動可能


* スワップ金利は売買同値=業者の儲け無しなので、常に最高水準


* スプレッドも、3社を競合させているので低目(米ドル1pipsが多く拡大しても3pipsくらい等)


* システム安定していて注文が通り易い



FX業者が潰れ出している現状から考えると、くりっく365業者が倒産した時の体制はうれしいです。
通常のFX会社は、信託保全されていても、ポジションはその場で清算されます。利益がドカンと出れば税金の心配があり、損がドカンと出ればとても悲しい思いをします。


くりっく365は、東京金融先物取引所が安全を保障してくれています。 くりっく365の手数料が無料にならなくてもこの「安心料」と思えばなんとなく納得しています。

意外な落とし穴、注文方法のデメリット

くりっく365は注文方法での欠点が一つあります。


それは「指定決済ができない事」です。


スター為替に限らず、くりっく365業者はポジション決済する時には、「ファーストインファーストアウト」(決済は古いポジションより決済される)のルールで自動的に処理されます。


他のFX会社で慣れていると、くりっく365のこのルールは最初は窮屈に感じるかもしれません。 平成20年以降、改善される予定のようですが暫くは今のままでいく事になります。


ただ、投資初心者の方には、やはりくりっく365の方がよいです。


理由としては、くりっく365は、含み損のあるポジションを敢えて選ぶ事は出来ません。その替わり、自動的にいつかは決済されていくので、ポジションにこだわりを持つ事は無くなっていきます。


理由としては、くりっく365は、含み損のあるポジションを敢えて選ぶ事は出来ません。その替わり、自動的にいつかは決済されていくので、ポジションにこだわりを持つ事は無くなっていきます。


つまり、投資になれるまでは、くりっく365の「指定決済できない事」をいかし、投資に集中してください。


外国為替FX比較TOP > くりっく365のメリット・デメリット

推奨

取材

ランキング

初心者の方で、悩んでいる方は掲示板にどんどん書き込んでください。
掲示板はこちら

基礎知識

外国為替とは?
FX記念日
手数料について
レバレッジとは?
レバレッジの誤解
スワップ金利とは?
政策金利一覧
各国の政策金利
コールについて
証拠金とは?
注文方法
デイトレード/システムトレード
為替相場の1日の動き
1年の為替の動き知る
ボリンジャーバンド
RSIとは
サイコロジカルラインとは
ストキャスティックスとは
チャートの読み方
チャートの種類
円高、円安について
外貨預金、MMFと比較
口座開設

初心者の心得

初心者の必勝法
初心者からの脱却
中級者の心得
投資スタイルの基礎
投資スタイル応用編
プロが教える極意
短期取引-投資テクニック
中長期取引-投資テクニック
初心者は米ドル/日本円から
高金利通貨はハイリスク通貨
ひとつの通貨ペアに絞る
分析法について
兼業投資家のススメ
安全性について
信託保全とはなんだ?
為替レートの変動
欲を出さない

主な市場と通貨の特徴

主な市場と通貨の特徴

ドル
ユーロ
ポンド
スイスフラン
カナダドル
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
南アフリカランド
トルコリラ
シンガポールドル
人民元
スウェーデンクローナ
インドルピー
デンマーククローネ
インドネシアルピー
ノルウェークローネ
タイバーツ
ポーランドズロチ
メキシコペソ
チェココルナ
ハンガリーフォリント

各通貨ペアの投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
加ドル/円
スイスフラン/円
シンガポールドル/円
南アフリカランド/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドルト

くりっく365について

くりっく365とOTC取引の違い
くりっく365の有用性
くりっく365の安全性
くりっく365の税制
くりっく365メリットデメリット

為になる情報

関連ニュース
金融政策ニュースの読み方
ブログニュースを読む
外国為替用語集
よくある質問

コラム

外為のブログを書いてみよう
投資セミナーに参加する
損益計算の方法
海外口座を開設しよう
海外口座
海外口座の強みと注意点
海外口座Vol.1
海外口座Vol.2
税金とは
税金の知識
確定申告のポイント
確定申告のケーススタディー

サイト情報

免責事項
サイトマップ
お問合せ
運営企業
区切り線