トップ画像
外国為替FX比較TOPボリンジャーバンド

投資のチャンスを押さえる

ボリンジャーバンドで為替の動きを予想する

ボリンジャーバンドで為替の動きを予測する

ボリンジャーバンドは統計学を使って、「そろそろ下げ止まる」「そろそろ反落する」というタイミングをはかるテクニカル分析です。
学生時代に「偏差値」に悩まされた人も多いと思いますが、このボリンジャーバンドは、その偏差値を計算するときに必要な「標準偏差」を用いて計算されます。
学力の偏差値は、偏差値50を中心に偏差値20〜80の間に約99、7%が入るとされますが、その考え方を将来の値動きを予測するために用いたのがボリンジャーバンドです。
計算式は難しいので割愛しますが、移動平均線と標準偏差を元に算出した値をもとにして、下図のような線で描画されます。 この線は、σ(シグマ)と呼ばれ、移動平均線から上へ離れるにしたがって、閣下鵜が、プラス1σ、プラス2σ、プラス3σ、逆に下へ離れるにしたがって、マイナス1σ、マイナス2σ、マイナス3σとなります。

ボリンジャーバンドの見方

とくに重要なのは、±2σの2本線

統計学上、σの内側に現在値が存在する確率は次のようになっています。
・現在値は「±1σ」内に63・8%の確率で存在する
・現在値は「±2σ」内に95・5%の確率で存在する
・現在値は「±3σ」内に97・7%の確率で存在する
ここで重要なのは、「±2σ」です。なぜなら「±2σ」の範囲外に現在値が存在する確率は、わずか4,5%しかないとされるからです。一方、「±1σ」は、その範囲外に現在値が存在する可能性が36,2%もあるので無視してかまいません。
つまり、ローソク足がプラス2σの線を上に突き抜けたら、相場が行き過ぎ(買われすぎ)であると考えます。行き過ぎた株価は、いずれ±2σの範囲内に吸収される可能性が高いので、「このあとは下落する(売りサイン)」と考えるわけです。
マイナス2σも同様に、ローソク足がマイナス2σの下に突き抜けたら、売られすぎと考え、「このあとは上昇する(買いサイン)」と考えます。
また、現在値が±2σの範囲内からはみ出る可能性が低いことを逆手にとり、「±2σの線に現在値が接近したら、突破せずに反転する」という見方もできます。
なお、「±3σ」は、その範囲外に現在値がはみ出す確率が2,3%しかなく、極端に売買サインが出なくなってしまうので、こちらも無視していいでしょう。


外国為替FX比較TOPボリンジャーバンド

推奨

取材

ランキング

初心者の方で、悩んでいる方は掲示板にどんどん書き込んでください。
掲示板はこちら

基礎知識

外国為替とは?
FX記念日
手数料について
レバレッジとは?
レバレッジの誤解
スワップ金利とは?
政策金利一覧
各国の政策金利
コールについて
証拠金とは?
注文方法
デイトレード/システムトレード
為替相場の1日の動き
1年の為替の動き知る
ボリンジャーバンド
RSIとは
サイコロジカルラインとは
ストキャスティックスとは
チャートの読み方
チャートの種類
円高、円安について
外貨預金、MMFと比較
口座開設

初心者の心得

初心者の必勝法
初心者からの脱却
中級者の心得
投資スタイルの基礎
投資スタイル応用編
プロが教える極意
短期取引-投資テクニック
中長期取引-投資テクニック
初心者は米ドル/日本円から
高金利通貨はハイリスク通貨
ひとつの通貨ペアに絞る
分析法について
兼業投資家のススメ
安全性について
信託保全とはなんだ?
為替レートの変動
欲を出さない

主な市場と通貨の特徴

主な市場と通貨の特徴

ドル
ユーロ
ポンド
スイスフラン
カナダドル
オーストラリアドル
ニュージーランドドル
香港ドル
台湾ドル
韓国ウォン
南アフリカランド
トルコリラ
シンガポールドル
人民元
スウェーデンクローナ
インドルピー
デンマーククローネ
インドネシアルピー
ノルウェークローネ
タイバーツ
ポーランドズロチ
メキシコペソ
チェココルナ
ハンガリーフォリント

各通貨ペアの投資ポイント

各通貨ペアの投資ポイント
米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
加ドル/円
スイスフラン/円
シンガポールドル/円
南アフリカランド/円
香港ドル/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドルト

くりっく365について

くりっく365とOTC取引の違い
くりっく365の有用性
くりっく365の安全性
くりっく365の税制
くりっく365メリットデメリット

為になる情報

関連ニュース
金融政策ニュースの読み方
ブログニュースを読む
外国為替用語集
よくある質問

コラム

外為のブログを書いてみよう
投資セミナーに参加する
損益計算の方法
海外口座を開設しよう
海外口座
海外口座の強みと注意点
海外口座Vol.1
海外口座Vol.2
税金とは
税金の知識
確定申告のポイント
確定申告のケーススタディー

サイト情報

免責事項
サイトマップ
お問合せ
運営企業
FX投資のプロが教える極意下部