外国為替FX比較TOP > 安全性で比較
信託保全や自己資金規制比率などの安全性で比較しています。

商品名信託保全自己資本
規制比率
100%信託信託保全
銀行一覧
詳細
外為オンライン信託保全301.1%×新銀行東京外為オンラインの詳細
GMOクリック証券100%信託保全223.3%三井住友銀行、みずほ信託銀行GMOクリック証券の詳細
ヒロセ通商 LION FX信託保全219.9%(2013年3月末時点)三井住友銀行ヒロセ通商 LION FXの詳細
楽天証券株式会社信託保全443.10%-楽天証券株式会社の詳細
IG証券(旧FXオンラインジャパン)信託保全868.3%三井住友銀行IG証券(旧FXオンラインジャパン)の詳細
ひまわり証券金銭信託261.3%エス・ジー・信託銀行およびカバー先金融機関ひまわり証券の詳細
インヴァスト証券(くりっく365)くりっく365625.3%-インヴァスト証券(くりっく365)の詳細
FXCMジャパン証券全額信託保全562.3% (10年9月末)野村信託銀行FXCMジャパン証券の詳細
FXトレーディングシステムズ信託保全400.2%(2008年1月末現在)×イーバンク銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、バークレイズ銀行、OCBC証券FXトレーディングシステムズの詳細
株式会社マネースクウェア・ジャパン信託923.8%住友信託銀行株式会社マネースクウェア・ジャパンの詳細
外為ジャパンFX(旧MJ)全額信託保全396.3%×日証金信託銀行株式会社外為ジャパンFX(旧MJ)の詳細
DMM.com証券金銭信託421.9%(平成22年3月末現在)日証金信託銀行株式会社DMM.com証券の詳細
マネーパートナーズ信託保全889.8%SG信託銀行マネーパートナーズの詳細
為替ライフ--×-為替ライフの詳細
マネックスFX信託保全271.1%×日証金信託銀行マネックスFXの詳細
ジャパンネット銀行-(JNB-FX)分別管理36.04%×-ジャパンネット銀行-(JNB-FX)の詳細
フォレックス・ドットコムジャパン株式会社あり361.6%(2010年9月末)DB信託株式会社フォレックス・ドットコムジャパン株式会社の詳細
セントラル短資FX全額信託保全465.0% 三井住友銀行セントラル短資FXの詳細

FXCMジャパン証券
FXCMジャパン証券申込み
FXCMジャパン証券
当サイトの人気No.1のFX会社です。FXCMジャパン証券は≪業界No.1の高額スワップポイント≫に加え、手数料0円+スプレッド1銭!さらに信頼性も抜群に高く、顧客資産の信託保全はもちろん、監査法人による外部チェックを受ける徹底ぶりです。顧客定着率の高さも有名。システム・サーバは恒常的に強化され、各種マニュアルや電話対応などのサポート力は業界トップです。その他にもパソコン・モバイルから利用できるリアルタイム入金や、トリプル情報ベンダー(FX Wave・GI24)を採用したりと、とにかくボリュームが多いのに全てが完全無料なのは圧巻。ファンの多さが頷けるサービスです。口座開設の申込はわずか15分程度で完了し、最短翌日から全てのサービスが利用可能。まずはFXCMジャパン証券の口座を保有しておくことをおすすめします。
FXCMジャパン証券の口座開設

ひまわり証券
ひまわり証券申込み
ひまわり証券マージンFX
業界トップクラスのシェア率を誇るマージンFXです。手数料0円、証拠金率2%(通常口座は5%)の「デイトレ口座」が大人気。親切で心のこもったサービスが評判で、FXを全く知らない方でもサービスが充実しているので安心してお取引いただけます。デイトレード口座は特に人気が高く、手数料無料、証拠金も低く、1日の終わりに自動決済が完了するので忙しい方でも安心してお取引が可能です。取引できる通貨数も30種類と業界最高クラス!!当サイトでも、大人気のひまわり証券マージンFXはすべての方にお勧めできます!!
ひまわり証券の口座開設

「注意事項」
これ等の情報は皆様に比較がし易いように、2007年8月15日の米ドル/円の値を基本情報として提供させていただいております。 (手数料およびスプレッドは米ドル/円+デイトレ+最低通貨単位の場合、初回入金および証拠金は、米ドル/円の場合の最低金額の場合等) 特にスプレッド、レバレッジ、スワップ、手数料等の値は、取り扱うペアや時期により変動することが多く、実際の値と異なる可能性もございますので、取引を行う際には必ずバナーをクリックして公式サイトでご確認いただくか、資料請求を各社に行っていただきますようにお願いします。 また当ウエブサイトは、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。予めご了承下さい。

信託保全や自己資金規制比率などの安全性で比較しています。

外国為替FX比較TOP > 安全性で比較
区切り線